映像制作の見積もり金額

subpage-img

映像制作における編集費用とは、撮影が済んだ素材に編集を施して、仕上げるときにかかる費用のことになります。



同じ動画の素材を使っても、編集の方法により、全く異なる作品に仕上がることもあります。

企業をプロモーションするための一般的な映像制作を委託するときには、まず編集作業費を確認する必要があります。


編集作業費とは、映像を編集する作業全般にかかる人件費のことになります。


完成するまでに必要となる編集作業の人数や期間によって金額が変わってきます。

よりシンプルさを追求した日本経済新聞全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

制作物の撮影した時間が長いと作業にかかる時間も長くなるため、見積もり金額も高くなっていきます。

もっと詳しい内訳は、パソコンを使っての編集作業や、インサート編集などといった一部分の映像を入れ替えをする作業、特殊映像効果を付け加える作業などに分類されます。

グラフィック制作費は、テロップや、ロゴを差し込む作業や、タイトルの画像、アニメーション、コンピュータグラフィックスなど、制作物の中で使われる素材をデザインするときに発生する人件費になります。
依頼する映像の内容に応じて、必要となる機材費や、人件費が妥当なのかどうかを充分に検討する必要があります。
見積もり金額が安いといっても、それだけの理由で委託してしまうと、後になって後悔する可能性が高くなってしまいます。



委託する映像制作会社が制作できる動画の品質についても、しっかり見極めて、見積もり金額に対して適当な発注をする必要があります。

top