映像制作における見積の違いについて

subpage-img

映像制作を依頼する場合には、まずは見積を取ることから始める必要があります。



一般的には複数の業者から見積を取り、比較検討をした上で判断をすることになりますが、この場合、各業者によって金額が大きくことなるケースがあります。金額が異なる理由には内容の違いがあり、依頼では、どこがどう異なるのか把握をした上で判断をすることが重要な作業となります。
例えば、5分程度の施設紹介映像制作の見積を依頼した場合に、約30万円の場合もあれば、約90万円、業者によっては250万円程度の金額を提示してくる場合もあります。


映像制作の見積内容には、一般的な項目として、企画、撮影、技術、出演、編集、ナレーション、メディアの項目があり、それそれに内訳があります。

Girls Channelのことならこちらのサイトにお任せください。

具体的には、企画であれば、企画・構成費、ディレクター費、シナリオ作成費があり、撮影であれば、撮影機材費、カメラマン費、撮影メディア費といったように複数の要素があります。
上記の例で見た場合、企画においては、30万円では企画・構成費が20、000円、ディレクター費が3日で90、000円、シナリオ作成費が30、000円であるのに対し、250万円の業者の場合には、それぞれ、150、000円、300、000円(10日)、90、000円という内訳明細となっています。



他の項目においても大きな開きがあり、見積では各内訳明細を比較することが重要になります。比較では、なぜ同じ依頼内容で費用が異なるのか内容を検証する必要がありますが、例えば企画・構成費で見た場合、30万円ではフォーマットによる量産、つまり何かしらのフォーマットを利用して作成をしている可能性があります。


一方、250万円では、シナリオハンティングからの企画提案となっており、時間に関しても約4日〜6日をかける内容となっています。

top